Menu

[エースジーン] ace.GENE 軽量ショルダーバッグ フレックスライト フィット 1気室 A4サイズ - B01BCX7PWE

[エースジーン] ace.GENE 軽量ショルダーバッグ フレックスライト フィット 1気室 A4サイズ - B01BCX7PWE
[エースジーン] ace.GENE 軽量ショルダーバッグ フレックスライト フィット 1気室 A4サイズ - B01BCX7PWE [エースジーン] ace.GENE 軽量ショルダーバッグ フレックスライト フィット 1気室 A4サイズ - B01BCX7PWE [エースジーン] ace.GENE 軽量ショルダーバッグ フレックスライト フィット 1気室 A4サイズ - B01BCX7PWE [エースジーン] ace.GENE 軽量ショルダーバッグ フレックスライト フィット 1気室 A4サイズ - B01BCX7PWE [エースジーン] ace.GENE 軽量ショルダーバッグ フレックスライト フィット 1気室 A4サイズ - B01BCX7PWE
品番: B01BCX7PWE
在庫: 在庫あり
6,532.20円 18,220.01円
  • 原産国/地域: 中国

  • メイン素材: ナイロン・ポリエステル

  • 表地: ナイロン

  • 収納可能サイズ: A4サイズ収納可

  • 留め具の種類: ファスナー

  • タテ33cmxヨコ26cmxマチ9cm

  • ポケットの数:9(外側2/内側7)

  • 商品紹介

    「エースジーン」で人気の軽量ビジネスバッグシリーズ「フレックスライト フィット」のショルダーバッグ。
    こちらのショルダーバッグは、1気室タイプで財布や携帯など小物はもちろん、A4サイズのノートやガイドブック、小ぶりな折りたたみ傘、500mlペットボトルが縦に収納できます。
    軽量感に優れながらも、メイン収納部ポケット、前側ファスナーポケット、背面オープンポケットなど充実のポケット数で、使い勝手をしっかり配慮。
    長さの調節が可能なショルダーベルトにはパッドが付いており、肩への負担を和らげてくれます。

    軽いウォーキングやタウンユース、あるいはトラベルシーンにも使いやすくおすすめ。
    デイリーユースにぴったりの、「エースジーン」の軽量ショルダーバッグです。

    【素材】
    コーデュラナイロン210dnブロックリップを採用。
    軽くて丈夫な素材で、耐久性と軽量性を両立しました。

    【ファスナー】
    ポイントとなる前ファスナーは、開閉時に生地を巻き込みにくく摩擦にも強い樹脂製ファスナー。

    【ショルダーパッド】
    肩に優しくフィットする3Dカーブ形状なので、重い荷物を入れた時の負担を軽減。
    裏面は滑り止め仕様だから、ずり落ちも防ぎます。

    【ショルダーベルト調節パーツ】
    ベルトの長さを自由に調節することができ、使用中のゆるみも防止。
    金属を使用しないことで、軽量化を実現しました。

    【アシストハンドル】
    電車の網棚などでバッグを上げ下ろしする際に、取りやすくするための補助ハンドル。

    【A4ファイル収納】
    一般的なA4ファイルを収納可能なサイズです。

    【1気室】
    メイン収納部分(気室)が1つのタイプです。

    ブランド紹介

    【ace.GENE / エースジーン】
    日本の老舗バッグメーカー、エース株式会社が創業以来培ってきた鞄作りの経験とノウハウの結晶。
    エースの遺伝子という名のバッグ&ラゲージ、それが「エースジーン」です。
    先進のアイデアを採用した高い機能性。
    あらゆるシーンで発揮される最高のパフォーマンス。
    さらにその先のステージを目指して、エースの遺伝子は永遠に進化をし続けます。

    エースの起源は1940年に創業者新川柳作が大阪・天王寺にカバン店「新川柳商店」を開店したことに始まります。
    1953年、新川は新しい素材「東レナイロン」を生地に使用したバッグを日本で初めて開発。
    カラフルで軽く、強度があり、汚れが簡単に落ちるというそのバッグは人気を博し、「バッグの一大革命」とまで言われました。
    この革新的なスピリットが、エースの「世界に負けない日本製のラゲッジを作る」という夢につながっていきます。

    1958年に、新川は市場拡大と業界視察のために世界一周旅行に旅立ちます。
    アメリカ、ヨーロッパ、中近東、東南アジア、香港をめぐる3ヶ月の旅。ここでアメリカのラゲッジメーカー「サムソナイト社」に出会った新川は、スーツケースの輸入販売を開始します。
    そして4年後には、初めての日本製スーツケース「デボネア」の生産を開始しました。

    1963年、会社名をエース株式会社に変更。
    1971年には北海道の赤平市にスーツケースの生産を担う工場ができ、増産体制が整います。
    そして海外旅行者が年々増加する中、日本人のニーズに合った機能性を備えた日本製のスーツケース「シルエット」を販売。
    以後、エースのスーツケースは独自の進化を遂げ、世界で最も先進的なスーツケースと言われるようになります。

    現在、「エースジーン」は、創業以来培ってきた鞄づくりの経験とノウハウを活かしながら、日本ブランドならではの美意識や心づかいを感じさせる、使いやすく高品質なモノづくりをしています。

    [エースジーン] ace.GENE 軽量ショルダーバッグ フレックスライト フィット 1気室 A4サイズ - B01BCX7PWE